YADOKARI

日本が誇るSAKEアンティーク


日本酒を美味しくする要素の一つは器にあると言っても過言ではない。
酒の味をも変える力を持つ「酒器」。
それが粋な古いもの、またお気に入りのものが見つかれば、お客様にとっての今宵の晩酌はより豊かになるはず。

最近、日本酒バーやお洒落な居酒屋などでは、ワイングラスやシャンパングラスで日本酒を提供されることも多く、その見た目のお洒落さや華やかさからかと思いきや、そうではないらしい。
そこには奥深い、「酒器」×「お酒」のペアリングというものがあるようだ。


日本酒の味を引き立てる酒器選びの方程式


①材質×酒

「ガラス」はシャープに、「陶器」は柔らかく感じる

ガラスの酒器は、お酒の味をダイレクトに感じられるのが特徴。基本的に、酒器によってかき消されてしまいがちなシャープなお酒や、繊細さを持ち合わせているお酒に相性が良い。

陶器は、ガラスとは逆に味が柔らかくぼんやりと感じられるのが特徴。お酒の味をより丸くする性質がある。

また材質の種類として、錫(すず)や木などもある。
錫は日本酒の雑味を分解してまろやかにするという特徴があり、
木製の酒器は、お酒の味を重厚にすると言われている。


②サイズ×酒

小さなおちょこはお好みで、大きな酒器は素材、形を吟味して

一口で飲み干す小さめのおちょこは、器による味の違いが少ないので、好みやデザインを豊富に揃えておいて日本酒を飲まれるお客様に自ら選んでもらうスタイルなどはより好まれる。
基本的に小さめおちょこで日本酒を飲む場合は、香りもそれほど感じられないので、店主のお勧めのデザインだったり、想いのこもった陶芸家の作品だったり、バリエーション豊かに集めるのもまた一興。

おちょこより大きな酒器は、材質や形状で味の感じ方が変わる事に比べ、飲みきるのに時間がかかるので、温度変化による違いや楽しみも感じられる。


③形状×酒

縁の広いものは「芳醇」に、
縁の狭いものは「スッキリ」と

酒器の形状は主に香りの広がりに影響する。

縁が広がれば広がるほど、日本酒の持つ豊かな香りを楽しむことができる。
例えば、ワイングラスの様な縁が鼻まで覆うような大きさの酒器は、日本酒が持つ香りをより芳醇に感じさせてくれる。

逆に縁の狭い酒器は、お酒の香りをそれほど感じられずにすっきり飲みやすく感じるのが特徴。飲み飽きしたくない時は、縁が小さく縦長のものがおすすめ。



この数年、国内だけでなく海外でも日本酒の人気は増してきている。
いろんな酒蔵が新たに挑戦したお酒も多彩で、女性ユーザーを始め、若い層にも日本酒文化が少しずつ浸透してきている。

でも、「いつもより少しこだわって飲んで頂きたい」「お店でもお客様にとって特別な一杯を見つけて頂きたい」という、提供側のちょっとした悩みを抱える人も多いはず。
そんな時は酒器に注目してみてほしい。入れ物を変えるだけで、驚くほどに味の印象が変わりきっと想像以上の体験をして頂けるはず。
まずは自分の好みの酒器、また店舗のコンセプトに合う酒器を見つけて、日本酒の奥深さを堪能してみては。






2018/02/05 11:49
YURI

YURI

日本酒唎酒師、日本酒ライター。唎酒師として飲食店勤務を経験し、様々な角度から日本酒の美味しさと日本文化の豊かさを伝えられたらと思います。

飲食店経営レシピ

飲食店経営レシピ

これから飲食店を開業/経営する方へ、成功に役立つ情報をお届けします!