YADOKARI

冷やして美味い、常温で美味い、温めてなお美味い、「お燗」-THE KAN-


日本酒の性格や合わせる料理、また温度によって自由自在に酒の表情を変える「お燗」。
現在、世界中にはたくさんのアルコール飲料があるが、適温の幅がこんなにも広いお酒は世界中のどこを探しても日本だけだと言われている。
最近では、海外でもその関心が高まっていると言われる「お燗」。
その奥深いお燗のいろはを紐解いていこう。

そもそもお燗とは?


「燗(かん)」とは、お酒を徳利にいれ、適度に温めることを意味する。温めることで冷やや常温では閉じていた日本酒の複雑な味わいや香りが引き出される。
また、お燗に合うと言われるどっしりとした旨味のあるタイプの日本酒は、お燗にした時に炊きたてご飯のような香りがし、旨味が柔らかくなる。このように、お燗にすることで風味がアップする日本酒のことを「燗あがり」と言う。

燗酒の魅力は、温めることでその日本酒の様々な表情が現れること。
そして、体温に近いからこそ、胃腸に優しくアルコールの吸収も早い。その為、すぐにほろ酔いになるので飲みすぎる心配もない。


日本酒の性格を引き出す6種の温度帯



お燗には、それぞれ美味しく飲める温度が6種類ある。ここではその温度帯を紹介しよう。

日向燗(ひなたかん)

30℃ 温度の高さを感じない程度で、ほんのり香りや味を引き立たせたい時にオススメ。

人肌燗(ひとはだかん)

35℃ 読んで字のごとく、人肌と同じくらいに温める。少し温かさを感じる程度に温めるのが目安。味に膨らみがある米や麹の良い香りがする。

ぬる燗(ぬるかん)

40℃ ほんのり香ってきた米や麹の香りをさらに感じたい人は人肌燗から5℃上げたぬる燗がオススメ。

上燗(じょうかん)

45℃ 徳利の口の付近や、注いだ時にお猪口から湯気が出るくらいの温度が上燗の目安。上燗から先は、温度が上がるにつれて香りや風味が引き締まっていく。

熱燗(あつかん)

50℃ 徳利を触って熱いと感じる温度。温める=熱燗だと思っている人が多いが、熱燗は50℃前後で温めることを言う。一般的に風味にキレか出て、香りがシャープになる。

とびきり燗(とびきりかん)

55℃ とにかく辛口が好きな人は、熱燗をさらに温めてとびきり燗にしてみては。シャープな香りでより辛口に感じる。
これ以上に熱くすると、風味や香りが完全に飛んでしまう恐れがあるので、熱いのが好きとはいえ、熱しすぎないことをオススメする。



お米の風味が豊かな燗酒は、温めることで自身の旨味を開花させ、さらに料理の旨味を増幅させ寄り添う力がある。
ぜひお客様の好みの温度やお店のコンセプトに合った酒器、また料理とのペアリングを試して、燗酒の広くて深いキャパシティーを提供してみては。




2018/02/07 17:55
YURI

YURI

日本酒唎酒師、日本酒ライター。唎酒師として飲食店勤務を経験し、様々な角度から日本酒の美味しさと日本文化の豊かさを伝えられたらと思います。

飲食店経営レシピ

飲食店経営レシピ

これから飲食店を開業/経営する方へ、成功に役立つ情報をお届けします!