YADOKARI

【自己PR】よくあるフォーマットで書いて安心していませんか?自己PRは他の学生と「説得力」で差をつけよう!【ES・面接】

自己PRに「説得力」を持たせるヒントをお教えします!

自己PRって難しい


talk_user
就子
無理!自己PR無理!!

talk_user
活太郎
就子ちゃん、どうしたの?

talk_user
就子
大学なんて、正直なんとなく過ごしてきたし、エントリーシートの「自己PR」欄に書けることなんてないよー。

talk_user
活太郎
自己PRなんて、「私は○○力があります」からはじめて、バイトとかサークルの話をこじつければいいんじゃない?

talk_user
就子
バイトもサークルも、ヒラだったし、なんも書けない・・・。

talk_user
活太郎
俺はサークルの部長の経験書けたし、完璧~!

ちょっと待った

就子ちゃんみたいに、アピールできる経験がない人でも大丈夫!
本記事では、自己PRがすらすら書けるようになる考え方のヒントを教えます。

あと活太郎くん、自信満々みたいだけど、それ他の学生と被ってない?大丈夫かな?
実は活太郎くんみたいな学生さんのほうが、危険だったりするのです。

学生の自己PRネタは被りまくり

エントリーシートに書ける自己PRのネタがない、とお困りの方、多いのではないでしょうか。
かくいう私も、就活生時代、自己PRには悩まされました。

Bくんのように、バイトやサークルの話をどうにか使って、自身をアピールしようとしましたが、
エントリーシートで落とされることはないものの、面接での面接官の食いつきはいまいち…。

人事になった今ならわかります。
私の自己PRは他の学生と被りまくっていたのです。

よくあるフォーマットで書いて安心していませんか?

とはいえ、やはりアピールしたいことを書くとするとやはり、
「私はこんな能力があります。その証拠として私はアルバイト(サークル)で・・・」
というフォーマットになりがちなのです。
これで書いて安心している学生はとても多いです。 が、面接官は聞き飽きているのです。

ではどうすればよいのか

そこで、さらに自己分析を重ね、私が編み出したのが、
「幼きころから育まれたその揺るぎない信念法」(キリッ)
です。

どういうことかと言うと、

「私はこのような信念をもとに教育されてきました」
           ↓
「だから、いつでもこうした考え方ができます」
           ↓
「学生時代もその考え方(信念)をもとに、こんな行動をしました」
           ↓  
「この考え方(信念)は入社後のこんな場面でも役に立つと考えています」

というふうに、
”こういう風に育てられてきたから、いつでもこういう信念をもった行動ができます”
と話を展開するのです。

親からこんなふうに教育されてきたというのは、ほとんどの方にあると思うので、
今一度、自己分析しなおしてみると、
自分の一貫した信念みたいなものが見つかるかもしれません。

具体的な例

以下は、私がエントリーシートの「自己PR」欄に書いていたものです。
※私はSE志望でしたので、SEの仕事に絡めて書いています。
私のPRポイントは、困難をチャンスと捉えることが出来ることです。その根底には幼少期から母に言われてきた「物事には必ず、良い面と悪い面の両面がある」という教えがあります。どんなに恵まれない環境でも必ず良い部分はあります。私はそれに着目することで困難を乗り越えてきました。例えば、アルバイトと学業の両立が多忙になった時期も、時間を上手く使うスキルを身につけるチャンスと考えました。両方諦めずに徹底的に計画的・効率的な行動を心がけた結果、多忙な時期を乗り越えることが出来ました。貴社のSEとしても私のこのマインドは役に立つと考えます。例えば、納期前の多忙なときや、使用する言語の違う部署に異動になったとき、お客様とのやりとりがうまくいかないときなど、仕事をしていく上では何度も困難に遭遇すると思います。そんなときにも、私はその困難を自身の成長のチャンスと捉え、果敢に立ち向かっていきたいと思っています。

「幼きころから育まれたその揺るぎない信念法」 のメリット・デメリット

◆メリット

<効果>
・PRの内容に奥行が出て説得力が増す
・そのPRポイントは、一時的なものでなく、入社後も揺るぎないものだと思ってもらえる。

<副次効果>
行動やキャラクターに一貫性のある人物と思ってもらえる。
・入社後の教育も、素直に受け止め行動できる人材だと思ってもらえる。
・親を尊敬する「いい子」と思ってもらえる
 ※面接官はまさに就活生の親世代です。「いい子だなぁ…(ジーン)」と味方にさせること、実は戦略としてかなりアリです! 余談ですが、人事になってから見かけた私の採用コメント欄には「親を尊敬する姿勢が古風で良い」と書かれていました。

◆デメリット

口先だけで信念を語ると、ボロが出るので、
本当にその信念に基づき行動をしてきたのか、
自己分析をしっかりする必要がありますのでご注意を!

★★ まとめ ★★

いかがでしたでしょうか。
自己PRは、みなさんが親御さんや周囲の方に育んでもらった「信念」をアピールしましょう。
その「信念」をもって行動をした出来事を具体的に話すことで裏付けをし、
自己PRの説得力を高めることで他の学生と差をつけることができるのです!
2018/02/26 12:30
「就活がこわいあなたへ」管理人

「就活がこわいあなたへ」管理人

都内のIT企業で人事(採用担当)をしています。

就活は「戦略」が大切!ふつうの大学生でも複数内々定は可能です。

就活生のみなさんとお話しをする中で、「自分をアピールしきれておらず、もったいないなぁ…」と思う方がとても多く、そんなみなさんを救うべくブログをはじめました。

就活がこわいあなたへ ~都内某IT企業の人事ブログ~

就活がこわいあなたへ ~都内某IT企業の人事ブログ~

新卒の就活における成功の秘訣や小技など、得する情報を人事目線でお届けします。